今までに経験したアルバイトの記憶。

“私は、大型ショッピングセンターのオート部門のピット担当のパートを体験しました。

なぜ、そのパートを選んだかというと、自分がいわゆる小売り業には向いてなくて、また、車とバイクが好きだったからです。では、実際にはどうであったかを紹介します。

主な業務内容(ピット担当者)は、タイヤ交換、オイル・バッテリー・ATF・LLC・ブレーキフルード交換などです。
タイヤ交換は、普段はそんなに忙しくありませんが、タイヤ交換の時期(春と秋)には多忙を極め、かなりの重労働です。
オイル交換は、一年を通してあり、タイヤ交換より少し難しいです。
バッテリー・ATF・ブレーキフルード・LLC交換については、順番に難易度の高いものに進んでいきますが、ATF交換とブレーキフルード交換との難易度の差は大きいです。いずれにしても、技術力の向上を見ながら、徐々に社員に指示されるようになります。
また、ホームセンター内の整備工場の宿命なのか、薄利多売の色合いが濃く、かなりスピードを要求されます。あと、バッテリーやタイヤの販促も求められるので、いわゆる整備工場とはだいぶん趣きが異なると思います。

あと、特徴的なのは、急ぎ アルバイト でも、あくまでホームセンターの従業員であることから、日用品、家庭用品、ペット用品の品出しは日常茶飯事で、セール期間中はティッシュぺーパーやトイレットペーパーの店頭販売、テントの設営・撤収等々、年2回の全館的な棚卸し業務まで、自動車業界とは全く関係のない仕事も多々あります。

以上のように、いわゆる車の整備工場をイメージしていくと拍子する可能性が高い仕事です。